【無料】理想の間取りをつくってもらう⇒タップ

【30坪平屋の魅力とは?】効率的な間取りや設計のポイントを解説!

30坪の平屋は、広々とした空間で快適な生活ができますが、理想的な間取りを作るには、少し難しさを感じる方も多いのではないでしょうか?

30坪平屋では、スペースが限られているので、効率的な間どりや設計においての工夫をしなければ、スペースを無駄使いし、理想的なライフスタイルを実現できません。

効率的な間取りづくりを行えば、広いリビングエリアや快適な寝室、使い勝手の良いキッチンなど、日常生活に必要な設備が十分に取り入れられた住宅を手に入れられ、平屋の特性を活かした開放感あるデザインの、ストレスフリーな生活を楽しむこともできます。

この記事を読むことで、30坪平屋の間取りや設計に関する疑問や悩みに答えが見つかり、理想の住まいを実現するためのヒントを得られるでしょう。

ぜひ、この情報を活用し、快適で魅力的な平屋の生活を手に入れてください。

この記事を読むと・・・
  • 30坪平屋のメリットがわかる!
  • 30坪平屋のデメリットがわかる!
  • 30坪平屋の省エネについてわかる!
  • 30坪平屋の資金計画がわかる!
  • 30坪平屋の間取りを考えるときのポイントがわかる!

この記事を書いている僕は、土地探しから新築住宅を建てた、ごく平凡な消防士です。

家づくりをしていくうえでの失敗談や、家づくりにおいての重要ポイントなどを、消防士という職業の経験から、マイホームを検討している方に向けて、優しくお伝えします。

目次

【30坪平屋】3つのメリット

30坪の平屋は、コンパクトから生まれる利便性や、居住者のライフスタイルに合わせられるという特長から、幅広い世代から人気があります。

30坪平屋のメリットは、以下のとおりです。

それぞれ、確認していきましょう。

メリット①転倒事故を防げる

平屋の最大の特徴は「段差がない」ことで、足元の安全性を高められるという点です。

階段や段差を無くすことで、自宅内での、転倒事故のリスクを大幅に減らせます。

特に、高齢者や小さな子供がいる家庭では、安全に配慮した家づくりが大切です。すべての部屋が同じフロアにあることで、見通しが良く、移動がしやすい『回誘動線』にすることも可能です。

30坪の平屋は、子育て世代からシニア世代まで、あらゆる世代から人気です。

メリット②生活がしやすい

30坪平屋は、空間が広く、部屋の配置がアレンジしやすいため、とても生活がしやすいです。

生活動線の確保が簡単にできるので、キッチンからリビングや寝室へすぐに移動ができ、日々の家事などをスムーズにおこなえます。

2階建ての場合は、階段の移動が不便に感じる場合もありますよね。

また、部屋数を増やさず、ライフスタイルに合わせて空間を使い分けることも可能です。

例えば、リビングの一部を、在宅ワークスペースや趣味のスペースとしても利用できます。

メリット③部屋の用途を変えやすい

30坪平屋は、ライフスタイルスタイル、趣味や将来の予定を考慮しやすい平面構造なので、家族構成や生活環境の変化あった場合でも、柔軟に対応できます。

例えば、子供が巣立ってしまった場合は、子供部屋が使われなくなるケースもありますが、趣味部屋(映画鑑賞など)や来客用の部屋として使うことができます。

【30坪平屋】3つのデメリット

30坪平屋は、生活がしやすくていろいろな世代に人気ですが、デメリットもあります。

デメリットを把握していれば、より良い生活を送るためのポイントを見つけることができ、対策をおこなえるので、必ずチェックしておきましょう。

30坪平屋のデメリットは、以下のとおりです。

それぞれ、確認していきましょう。

デメリット①立体的な空間利用の制限

30坪平屋は、立体的な空間の利用が制限されます。

中二階やスキップフロアなど、立体的に部屋を分けたり、高さを出したりすることが難しく、建築費用が高くなってしまいます

二階建ての家では、個室やリビングを上下のフロアに分けることで、生活空間のプライバシーを守ることが可能ですが、平屋ではそのような空間の分け方ができません。

家族全員のライフスタイルに合わせた間取りを考えるとき、難しく感じると思いますが、何を重要視するかを考えて優先順位を決めましょう。

デメリット②土地の広さが必要

平屋を建てる場合、二階建てと比べて、必要な土地の面積は、かなり広くなります。

全ての部屋が1階にまとめるため、広範囲にわたって家を建築する必要が出てくるからです。

土地価格が高い場所では、コストがとても高くなり過ぎてしまう可能性があるので、立地条件が限られてしまいます。

30坪の平屋で、駐車場(2台分)や庭を作る場合、約80坪の面積が必要になります。

デメリット③プライバシーの確保

30坪の平屋は、全ての部屋が1階にあり、窓からの視線を気にする必要があるため、プライバシーの確保が難しくなります。

特に、隣のお家が近い場合、カーテンを閉めていないと、家族の生活が丸見えになってしまう可能性も。

平屋では、坪数に関わらず、プライバシーを確保するための設計が重要です。

窓ガラスには遮光性能を持つものや磨りガラスを選んだり、家の構造をL字状やコの字状で設計することで、対策が可能です。

【2023年最新版】省エネ設計のポイント3選

ここ数年で、地球温暖化への対策が必須となって、省エネ設計の家づくりが重要視されています。

省エネ住宅は、建物の効率的なエネルギー利用を目指していて、エネルギーの無駄づかいを防ぎ、コスト削減や環境保護することが目的です。

20年9月現在、省エネ住宅のトレンドして、以下のようなものがあります。

【最新版】省エネ設計のポイント
  1. 高気密・高断熱
  2. 太陽光発電システム
  3. システムキッチン

省エネ住宅にすることで、電気代が安くなったり、SDGsに貢献できたりと、さまざまなメリットがあります。

しかし、住宅設備はとても高額ですので、予算やランニングコストを比較しながら検討するようにしましょう。

省エネ住宅については、以下の記事で詳しく解説しています。

【30坪平屋】どれくらいの資金が必要?

マイホームは『人生で1番高い買い物』といっても過言ではないくらい、高額な買い物です。

建築するときは、綿密な資金計画がとても重要で、詳細まで計画を立てれば、理想的な住まいを手に入れられ、建築後に支払いで困ることなどもありません。

資金計画では、建築費の平均相場を理解し、総予算を考慮したうえでローン選びをするようにしましょう。

また、補助金や助成金を上手く活用することで、コストを下げて建築することが可能ですので、対象の方は、必ず申請するようにしましょう。

ここでは、以下の3点について解説していきます。

それぞれ、確認していきましょう。

30坪平屋の平均的な建築費

30坪平屋を建てるための平均的な建築費は、一般的な標準仕様であれば、約1500万円〜2000万円程度と言われています。

あくまでも、一般的な平均相場なので、選ぶ素材や設備、仕様などによって、最終的な費用は大きく変動します。

マイホーム建築時は、金銭感覚が麻痺してしまい、数十万円や数百万円のお金の追加は、大きく感じません。

金額を大きく変更するときは、「本当に必要な物」かを見極めて、家族の希望や現実を最適に組み合わせた資金計画を立てることが大切です。

ローンの選び方

ローンを選ぶにはまず、毎月、どれくらい支払えるかを明確にして、月々の返済額と借入期間を検討することをおすすめします。

また、各金融機関の『金利の差』は大きなポイントであり、金利が0.1%違うだけでも返済総額に大きな違いが出ます。

借入金額:4,000万円 支払期間:35年 ボーナス:なし
金利返済総額
0.5%43,610,126円
0.6%44,356,642円
1.0%47,423,753円

フラット35や住宅ローン控除など、さまざまな住宅ローン制度や金融機関の特徴を理解して、より有利な条件を見つけるようにしましょう。

補助金や税金の軽減措置

新築を建てるときには、多くの補助金があります。

代表的なものは、以下のとおりです。

  • こどもエコすまい支援事業
  • ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス実証事業
  • 地域型住宅グリーン化事業
  • LCCM住宅整備推進事業

これらの補助金は、環境に優しい家を建築していたり、自身に強い家を建築していたりと、家の構造や面積などによって、受け取れるかどうか決定されます。

また、補助金だけでなく、以下のような税金の軽減措置もあります。

  • 住宅ローン控除(減税)
  • 住宅取得資金等の贈与税の軽減
  • 不動産取得税の軽減
  • 登録免許税の軽減
  • 固定資産税の軽減

補助金や軽減措置を上手く利用することで、建築コストを大幅に抑えることが可能ですので、制度の適用条件を事前に確認しておくようにしましょう。

新築住宅の補助金については、以下の記事で詳しく解説しています。

間取りを考えるときのポイント3選

間取りは、実際の生活においてとても重要で、ライフスタイルに合うように設計することが、住みやすい空間を創造するためのカギとなります。

ここでは、以下のような、間取りを考えるときに重要な3つのポイントについて、解説していきます。

間取りを考えるときのポイント

それぞれ、確認していきましょう。

生活動線の利便性

生活動線は、家の中で具体的にどうやって動くかというルートのことで、ライフスタイルや家族構成によって異なります。

たとえば、朝の家事をするとき、動く範囲はどこでしょう?

洗面所へ行って顔を洗い、脱衣所とクローゼットで服を着替える。その後、朝食をするために冷蔵庫から食材を取り出し、台所に持っていき、コンロで調理をする。調理の間に、洗濯やお化粧などをしたり。。。

この一連の流れが、生活動線です。

生活動線を効率よくするためには、どのような配置が最適か、自分はどのように動くのがスムーズなのかを考え、設計に反映させていくことが重要です。

収納の量

収納は、どんな住宅においても確保しなければいけない重要な項目です。

普段使いの物だけでなく、季節ごとの衣類、イベント用の道具や思い出の品など、必要な物が増えてくると、家の中がどんどん狭く感じます。

そのため、間取りを設計するときには、自分が考えている以上に、収納スペースが必要になります。

クローゼットや引き出しだけでなく、吹き抜け部分や階段下など、空いているスペースを上手に生かすことで、物をスッキリと収められるように工夫しましょう。

光や風の取り入れ方

光や風は、私たちの心身にとって重要ですが、間取りや設計においても大切な項目です。

自然光や自然風を上手く取り入ることで、日常生活に活気が出て、より快適な空間を作り出すことが可能です。

また、自然光は、電気代の節約にもつながります。窓の位置や大きさ、カーテンの種類などを工夫して、明るい室内にしましょう。

南向きの窓からは、強い日差しが入るので、夏は遮光カーテンで調節し、冬は暖房効果を利用すると、快適にすごせます。

自然風は、湿度をコントロールし、カビの発生などを防いでくれるので、建築寿命を延ばすことができます。

地域ごとの特性(盆地や風の吹き方の違い)を考慮して、風通しの良い家づくりを行いましょう。

まとめ

  • gtv
  • hgjy
契約縛り・仲介手数料など一切なし。
申込後のお断りも自由にできます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次